歯周病には医薬品のアセス|佐藤製薬
acess

sato

村田マネージャーの藤田プロレポート

プロゴルファー藤田寛之のマネージャー、村田浩介と申します。
今回からスタートしました私のレポートでは、
常に藤田プロの側にいる私ならではの情報をお送りしたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

vol.312017.06.22



みなさん、こんにちは!村田です。
今回も私の藤田プロレポートをお読みいただき、ありがとうございます。^ ^

さて、男子のレギュラーツアートーナメントは少しお休みに入りましたね。ここ最近の藤田プロの活動についてお伝えいたします。
プロはコンペトレーニング合宿の合間に、ゴルフ雑誌の取材やコンペなどに参加し、オープンウィークも休むことのないスケジュールでした。

そんな中、6/16は藤田プロの誕生日でした!当日は、地元で「静岡県プロゴルフ選手権」という試合に出場しましたよ。ライバルは宮本プロだと仰られ、その宮本プロが優勝。藤田プロの3連覇とはなりませんでした。宮本プロ優勝おめでとうございます!
そして、チームセリザワのメンバーからなんとサプライズでケーキのプレゼントがありました!写真をご覧ください。
たくさんの方々にお祝いをしていただき、藤田プロの人柄の良さを感じます。ですから、ケーキをいただく機会もとても多いのです。
食後にはやっぱりアセスで歯磨き!皆さんも、食後はアセスで歯磨きをしてくださいねー!

ゴルフネットワークが中継した「全米オープンゴルフ選手権」のゲスト解説を、藤田プロが務めました。
何度も海外メジャーに出場している藤田プロの言葉には、とても重みや深みがありましたね。私も放送を見ていましたが、視聴者として放送を楽しんでしまいました!(笑)

トレーニング合宿も行いました。今回は富士山の麓で行いました。標高が高いので気温が低くて、とても気持ちの良い天気でした。
ミニハードルやメディシンボールといったたくさんの道具を使って多種多様なトレーニングを行いました。

トレーニング2日目と3日目は、ハーフラウンド。なんと今回は私もハーフラウンドに参加させていただきました!(笑) ゴルフはやればやるほど悩んでしまいますね!(⌒-⌒; )
トレーニング合宿の時のご飯はみんなで楽しく食べます。
その後はもちろん!そうです!お決まりのアセスで歯磨きですね。しつこいですか・・・?もう鉄板ですね!(^。^)


vol.302017.06.07


みなさん、こんにちは!
今週も僕のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、国内メジャートーナメントの一つ、「日本ゴルフツアー選手権」の模様をお伝えします!
と、その前に、試合での藤田プロの「ルーティン」をここでご紹介します。まず、朝はゴルフ場で朝食を食べます。朝食の後に、ゆっくりと「コーヒータイム」。そうです、これが朝のルーティンの中で一番大切&大事なところなんです!(笑)

そして、先週紹介しましたアセスのCMにも出演している藤田プロのトレーナーである太田トレーナーのストレッチを受けて、軽いトレーニングをします。
だいたいスタートの50分くらい前に練習場へ行って、球打ちを始めます。
スタート20〜30分前になると、パッティンググリーンへ移動します。
そしてスタートです!
ざっくりですが試合の日はこんな感じで動いています。いかがでしょうか。皆さんも、チャンスがあれば藤田プロの朝のルーティンを真似してみてください!太田トレーナーのストレッチは受けられませんが。(笑)

さて、レポートに戻ります。
先週は、火曜日におなじみ・宮本プロと河瀬賢史プロとで練習ラウンドをしました。
水曜日はプロアマでした。
予選の2日間は、片山晋呉プロと永野竜太郎プロという、とても良い組合せでした。
初日の藤田プロは、出だしの1番2番でバーディ!幸先の良いスタートが期待されました!
しかし、ひとたびラフに入れるとボールコントロールが難しく、なかなか簡単にパーを拾わせてくれません。これには、「メジャートーナメント」ならではの難しいセッティングを感じざるを得ませんでした。

初日は+1。2日目を+2として、トータル+3でなんとか決勝ラウンドへ駒を進めました。
土曜日と日曜日は予選ラウンドよりも多くのギャラリーの方々が会場へ足を運んでくれました。藤田プロにも多くのギャラリーの方々が応援にかけつけてくれました。みなさん、いつもたくさんの応援、本当にありがとうございます。
土曜日はこの試合初のアンダーパーでラウンドし、なんと21人抜き!順位を一気に43位タイから22位タイにあげて最終日を迎えました。
アンダーパーでまわると、こんなにも順位が上がるほど、プレーヤーは苦しんでいたとも言えますね。
最終日の藤田プロは、1番で3パットのボギーにしますが、6番のロングホールでこの日初のバーディをとって、すぐにイーブンに戻します。
しかし、その後もボギーが先行してしまい、苦しい展開でした。
最終結果は31位タイと本人が掲げる「20位以内」の目標達成はなりませんでした。

今週から男子ツアーは4週間のお休みとなります。
その間の藤田プロは、合宿で調整を行って、7月の「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」に挑みます!

合宿の様子はまたレポートしますね!^0 ^
村田でした!


vol.292017.05.30


みなさん、こんにちは!村田です!
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。m(__)m

今回は、藤田プロが使用しているクラブメーカー・YAMAHAのスタッフらとの食事会と、「ミズノオープン」についてのレポートです。

YAMAHAスタッフとの食事会は、通称「ヤマハ会」といって年に数回行っています。
グリップ交換をはじめ、プロのクラブのありとあらゆるところをサポートしていただいてます。
プロにあわせて、バランスの調整やロフトの角度、ライ角度などを精密に行っていただいています。まさに職人です。
写真の説明をしますね。
僕の両サイドにいる男性2人が、今年のツアーを担当してくださっている「職人」です!
右側奥の女性は、プロのフットウェア・ニューバランスジャパンの担当者です。微妙なサイズ感やフィット感を調整していただき、いつも素晴らしいスパイクを提供していただいています。
プロがレギュラーツアーを戦う上で、みなさん、欠かせない存在である事は間違いありません!
毎年、ミズノオープンの際に来るイタリアンのお店での開催でした。野菜やお肉をバランス良く食べましたよ。何を食べても美味しいお店です!
食後はもちろんアセスで歯磨きしましたよ!^ ^

そして、今週はプロのトレーナー・太田トレーナーの誕生日会もありました。アセスのCMにプロと「共演」している太田トレーナーですよ!(^▽^)
太田トレーナーがいなければ、藤田プロは満足にゴルフが出来ないと言い切れる必要不可欠なスタッフです!

さて、ミズノオープンですが、初日は-4と、6位タイの好発進!2日目は苦しみながらもトータルイーブンでまとめ予選を突破しました。しかし、決勝ラウンドで苦しい展開となりました。JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部特有の強い風と固く締まったグリーン。フェアウェイを外すとグリーンにオンさせる事が非常に難しいところです。プロの最終日は+1。最終成績を35位タイで今年のミズノオープンを終えました。本人の掲げる20位以内という目標に届きませんでした。

今週は国内メジャーの「日本ゴルフツアー選手権」です。みなさんの応援を、今週もどうぞよろしくお願い致します!


vol.282017.05.09

みなさん、こんにちは!今回もお読みいただきまして、ありがとうございます。

中日クラウンズが終わり、その翌週、男子ゴルフツアーは一週お休みでした。

藤田プロは、ゴルフイベントや、千葉で行われたレジェンドプロアマチャリティーに参加しました。このレジェンドプロアマチャリティーは芸能人の方々が多く参加することで有名です。今年、藤田プロは初日に、タレントのヒロミさんと、2日目は、アイドルグループの元光GENJI・諸星和己さんと同じ組合せになりました。芸能人の方々とご一緒するのは、レギュラーツアーとはまた違った雰囲気の試合になります。

初日の藤田プロは-5の2位タイと、良い位置につけました。前日に、師匠の芹澤プロにアドバイスをいただいたことで、ショットが良くなってパターが良く入りました。(写真がその時の様子です)

しかし、2日目に+1というスコアになり、結果、9位タイでこの試合を終えました。

今週は国内メジャートーナメントの「日本プロゴルフ選手権」です。各地の予選を勝ち抜いた選手らも出場してきます。そう、日本一のプロゴルファーを決める大会です!藤田プロはメジャーにかける想いが人一倍とても強いんです!気合いが入ります!ショットの調子が良くなってきているので、あとはパターが入れば・・・優勝に、グーンと近づいてきます!大会会場の沖縄は、風が強く吹くそうですが、藤田プロが育った葛城ゴルフ倶楽部も風が強く吹くゴルフ場です。風を味方につけて上位にくいこんでもらえるよう、僕は今週も全力でサポートを頑張ります!

沖縄料理を食べて、アセスで歯磨きをして大会準備をしますよ!^ ^
みなさま、今週も応援をどうぞよろしくお願い致します。m(__)m
村田でした!


vol.272017.04.27


みなさん、こんにちは!!今回も僕のブログをご覧いただきありがとうございます!!m(__)m

先週は、パナソニックオープンでした。場所は「名門」の千葉カントリークラブ梅郷コースです。このパナソニックオープンは、アジアンツアーの選手も参加する日本ツアーとアジアンツアーとの共催試合です。年明けに行われたSMBCシンガポールオープンやレオパレス21ミャンマーオープンもアジアンツアーとの共催試合だったため、このパナソニックオープンは、同じく日本ツアーとアジアンツアーの両選手が出場する3つ目の大会ということになります。

アジアンツアーの選手は、オーストラリアやフィリピン、タイ、インドなど様々な国の選手がいます。体が小さい選手でも飛距離が出る選手が多く、レベルが高いんです。

藤田プロは、予選を韓国の金庚泰プロとフィリピン出身のミゲル・タブエナプロとラウンドしました。タブエナプロも小柄な体格にも関わらず、とんでもない飛距離を出す選手でした。藤田プロの初日は、ショットとパットがうまく噛み合わずに+4でした。2日目は-1でラウンドしましたが、今回は悔しくも予選カットラインに3打足りずに予選落ちしてしまいました。

東建ホームメイトカップでは4位タイに入った藤田プロですが、毎週続けて結果を出すことの難しさを改めて感じました。

金曜日の帰りの車の中で、藤田プロは師匠・芹澤プロにメールを送っていました。今の自分のスイングを見ていただきたかったからです。メールを送信後は、師匠からの返信を今か今かと待っていました。そして翌日の土曜日、芹澤プロにスイングを見ていただける事になり、チームセリザワ・ゴルフアカデミーがある大箱根カントリークラブへ向かいました。藤田プロは時間が少しでも空いた時には芹澤プロへ連絡をして、アドバイスをお願いしているんです。それは今も昔も変わらないそうです。

今後のスイングの方向性や課題をそこで教えてもらい、葛城ゴルフ倶楽部へ帰りました。そしてまたひたすらボールを打ち込みます。今年で48歳になる藤田プロですが、こういったモチベーションの高さが第一線で活躍できるキーなんだと思います。

今週は、そんな藤田プロの師匠・芹澤プロも出場する中日クラウンズです。
アセスで歯茎と気持ちを引き締めて、今週も気合い入れて行くぞーー!!
みなさんのご来場を、心よりお待ちしております。


vol.262017.04.06


みなさん、こんにちは!今回もお読みいただきまして、ありがとうございます。

今回は藤田プロも参加した「JAPAN GOLF FAIR2017」についてのレポートをお届け致します。

今年も藤田プロは、「JAPAN GOLF FAIR」のトークショーやサイン会などに登壇しました。イベントは3月24日から26日までの3日間行われ、藤田プロは26日のイベントに参加しました。ゴルフネットワークの収録からはじまり、社団法人日本ゴルフツアー機構のブースではトークショーやレッスン会、サイン会を行い、ファンのみなさんと触れあいました。午後は試合で使っているティーや練習器具のブースでトークショーとジャンケン大会。とても盛りだくさんのイベントでした。

このようにファンのみなさんの笑顔を見ることができて、4月の開幕がとても待ち遠しく思いました!

ここで一つ・・・藤田プロとのジャンケン大会に勝つ“コツ”を少しだけお教えしたいと思います!^_^ 実は藤田プロの出すジャンケン、順番が決まっているんです。僕が見るかぎりいつも同じパターンなんです!(笑)ほとんど出す順番を変更する事がないんです!順番の最初は必ず「グー」から始まります。次は「チョキ」です。その次はもうだいたい想像がつきますよね!(笑)これを知っていると、最後まで残るチャンスがググッと上がります!もしこのレポートアップ後に、変更してしまった場合は・・・ごめんなさい!m(__)m しかし、変更なく今まで通り同じなら、だいたい終盤まで勝ち進めると思います!ジャンケン大会の終盤は残った方達でジャンケンになりますので最後の最後は、どうぞ自力で勝ってください!(笑)今後、どこかで藤田プロとジャンケン大会を行うことがありましたら、ぜひ活用していただければ幸いです。この僕のレポートの読者の方々から、藤田プロとのジャンケン大会で素敵な賞品をゲットする方が現れる事を、心から期待しております!(^ ^)

さて、いよいよ4月の国内開幕戦が近づいてまいりました!
今シーズンも、ぜひ藤田寛之プロの応援をどうぞよろしくお願い致します!


vol.252017.03.28

みなさん、こんにちは!藤田寛之プロのマネージャー・村田です。今回も私のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

さて、「チームセリザワ葛城ゴルフ倶楽部合宿」についてのレポートをお届け致します。1日のスケジュールは、ざっとこんな感じです。各自、朝のウォーミングアップ。午前中は、球打ち。午後はハーフラウンドを行います。

朝のウォーミングアップは、走ったりテニスをするなど、自分のペースで行います。午前中はひたすら球打ちを続けます。

球打ちが終わった後は、近くの定食屋さんに合宿メンバーみんなで昼食を食べに出かけます。チームメンバー全員がそろう時は10名をゆうに超えますから、ほぼ貸切状態になります!(笑) そんなに大きなお店ではないためです。しかし、ここの定食屋さんは昔からプロが通う定食屋さんなんです。僕も行きますが、何を食べても本当においしいです!

この定食屋さんでは、合宿中はみんな同じお弁当を食べます。「同じ物を食べる」と言えば、藤田プロはプロデビュー当時、師匠の芹澤プロと同じ物を、マネして食べていたそうです。例えば、芹澤プロがトンカツを注文すれば藤田プロもトンカツを注文し、パスタを食べれば同じくパスタを食べたそうです!そこまでするの?!思うかもしれませんが、そこまで徹底的にやっていたそうです。さすが藤田プロ。ストイックなところは昔からなのですね。上手な選手のスイングをマネする方は多いと思いますが、食べる物まで同じにしようと思う方は少ないでしょう・・・。

そして、おいしいお弁当の後は、お決まりのアセスで歯磨きです。^0^
歯茎と気持ちを引き締めていざ、ラウンドスタートです!

ラウンドが終わってからも練習は続きます。アプローチやパター、ドライビングレンジに別れて練習です。日が暮れるまで練習です。そしてまたみんなで夕食です。もちろん食後にアセスで歯磨きはマストです。

以上が、「チームセリザワ葛城ゴルフ倶楽部合宿」についてでした!

次回は、藤田プロが参加する「JAPAN GOLF FAIR2017」の様子をレポートしたいと思っています。みなさん、お楽しみに!


vol.242017.03.09


みなさん、こんにちは!!
今回もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

きょうは、ヤマハの新規契約プロ発表会と藤田プロの冬のトレーニング合宿のレポートについてお話ししますね。

先日、藤田プロを長年サポートしていただいている、「ヤマハ」の発表会が都内でありました。
男子プロゴルフの契約選手といえば、藤田プロと谷口徹プロですが、ことしはこのヤマハに新たな仲間が加わりました!
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨年の賞金ランキング10位の今平周吾プロです。
そして女子プロゴルフ界では、大山志保プロ、有村智恵プロ、ユン・チェヨンプロが新たにヤマハと契約されました。
ことしも、ヤマハ契約プロたちからから目が離せません!

そして、藤田プロの「トレーニング合宿」につきまして。
藤田プロは、夏のオープンウィーク(試合がない週)と、冬のこの時期は、地元の浜松でトレーニング合宿を行っているのです。合宿に参加するメンバーは、地元の若手プロや地元の学生たちです。
浜松のあたりは、「遠州の空っ風」といって、冷たくて強〜い風が吹きます。その中で走ったり重いボールを投げたり・・・いろいろなトレーニングをします。
トレーニングはとてもたくさんの種類があるので、みんな飽きずに楽しくトレーニングを行うことができます。
そしてしっかりと翌日には、筋肉痛がきます。(笑)楽しいとは言いましたが、はっきりいって、内容はとてもハードなんです。
このトレーニング合宿は、2〜3日間かけて行われます。今回のトレーニング合宿は、2日間でした。1日しか参加出来ないプロもいましたが、やはり筋肉痛がきたそうです。どれだけ辛いかは、写真を見て頂けたら、伝わるかと思います。

トレーニング合宿のあとは、チーム芹沢のメンバーで、葛城ゴルフ倶楽部にてゴルフ合宿の予定です。
そのレポートはまた次回お伝えしますね。

藤田プロの「トレーニング合宿」も、チーム芹沢の「葛城ゴルフ合宿」も、いつも変わらないのは毎食後に決まってアセスで歯磨きをすることです。
みなさんもアセスで歯磨きをして、どうぞ健康的な毎日を過ごしてくださいね!

村田でした!


vol.232017.02.23


みなさん、こんにちは!
今回も、私のレポートをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、2月の藤田プロは、どんな感じが気になりますよね?!藤田プロのレポートをお届けいたします。

藤田プロは、なんとミャンマーオープンから帰国された翌日からハワイへと旅立ちました。
なんというハードスケジュールなんでしょう!
ハワイでは、新しいCMの撮影や取材を受けていたようです。
藤田プロのフェイスブックにも書かれていたように、ハワイの気候はとても過ごしやすいようでした。
ようです?ようでした?そう、ここでお気づきになりましたか?実は今回、私はハワイへは帯同していません。(泣&笑)

相当な移動距離なので、疲れが溜まってないか心配でしたが、フェイスブックで元気そうな姿を見て、藤田プロの底知れぬ体力を感じました。そして、安心しました。

取材や収録などを行った後は、チームセリザワでのハワイ合宿が行われました。
トレーナーさんの話によると、合宿は早朝のジョギングから始まり、ボールもかなり打ち込んだようです。かなりハードだったと聞きました。

毎年3月頃に行う葛城合宿の時も、朝からプロ達はひたすら無言で球を打ち続けます。時には先輩プロなどにアドバイスを頂く様子が見られますが、その時以外は誰も口を開けずに、本当にひたすら打ち続けます。そこには緊張感があります。

おそらくハワイでもそんな雰囲気だったのでしょう!

藤田プロは、ハワイから帰国された後も、葛城合宿や個人トレーニング合宿の予定がびっしりです。次回は、その国内合宿の様子をレポートしたいと思っています。

今後もよろしくお願いいたします!村田でした。


vol.222017.02.06


みなさん、こんにちは!
今回も僕のレポートをお読みいただき、ありがとうございます。

先週は「レオパレス21ミャンマーオープン」に行ってきました。
この試合は今年で2回目の大会です。
ミャンマーの気候は、今は乾季で日中の気温は高いものの、朝と晩はとても過ごしやすいです。

予選初日はイーブンのカットギリギリのラインでした。先週のシンガポールオープンと比べるとグリーンのスピードは速くないものの、グリーンが硬いせいか、なかなかボールが止まりにくかったです。
2日目の藤田プロは、ショットが左右に乱れました。前半を終えてトータル3オーバー。この時点でカットラインは変わらずのイーブンです。
まずい状況でした…。

しかし、後半に入って10番でバーディをとって、2オーバーにします。相変わらずセカンドショットはなかなかグリーンをヒットできずにいました。それでも持ち前の根性とショートゲームの正確さでスコアを作っていきます。
パーを拾いまくる藤田プロ!そして、もう一つバーディを奪って1オーバーにしました。
見ている私は、もうハラハラドキドキです。
あともう一つバーディーが欲しいところでしたが、最終ホールもパーで終わってしまいました。

この時はまだ67位タイでした。微妙なラインではありましたが、アジアンツアーは65位タイまでが予選通過です。
アマチュアの選手は除くので、通過まではあと一つ。。。
休憩をしならがら後続を待っていると、するするっと順位が64位まで上がりました。
2日目の流れからすると、この時点で予選通過の確率が高くなってきました!
最終的に63位タイまで順位が上がり、土日の決勝ラウンドに進出できました。
3日目もイーブン。最終日は-2でまわってトータル-1の43位タイでフィニッシュしました。

昨年の「SMBCシンガポールオープン」と「レオパレス21ミャンマーオープン」は、2試合とも予選落ちでしたが、今年は2つとも予選を通過し、良い感じでシーズンをスタートすることができました!

国内の開幕は4月の「東建ホームメイト」からになりますが、今から楽しみです!
みなさんからの応援を今年もどうぞよろしくお願い致します。


vol.212017.01.31

みなさま
2017年、あけましておめでとうございます。
本年もプロゴルファー・藤田寛之をどうぞよろしくお願い申し上げます。
もちろん、僕のことも、よろしくお願い申し上げます!

今年初めてのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

「SMBCシンガポールオープン」についてのレポートです。
1/16の月曜日の夕方にシンガポールに入りました。
いつも通り火曜日に練習ラウンドを宮本プロと行いました。

シンガポールでは、とても美味しいお肉を食べました!もちろんその後は、アセスで歯磨きをしましたよ。
お肉でパワーをつけて、今年の初戦に備えました。
SMBCシンガポールオープンは昨年に続き、今年で2回目の開催です。
コースも同じセントーサゴルフクラブです。
物価の高いシンガポールにおいて、1〜2を争う高級ゴルフ場のようです。
相変わらず素晴らしいメンテナンスでした。埋立地ということもあり、水はけがとてもいいですね。

4日間中、初日と3日目には雷雨接近で中断がありました。
これも昨年と似てます。。。

何はともあれ、初戦は予選を通過。最終日にはアンダーパーでフィニッシュしました。
順位は28位タイとまずまずのスタートがきれたと思います。

今年の藤田プロは、トレーナーのメンテナンスのおかげもあって、体調は順調です。

昨年末からスイングを少し変えているようです。みなさんにはぜひとも、トーナメントにお越し頂き、確認していただければと思います!

帰国しましたらまたブログを更新しますね。


vol.202016.12.22




みなさん、こんにちは。
今回も私のブログをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

日本シリーズJTカップの最終戦が終わり、ここ最近は各スポンサー様のコンペやイベント、「TEAM SERIZAWA」のテレビ番組収録、ゴルフ雑誌の取材などで忙しい毎日を送っています。

テレビ番組「TEAM SERIZAWA」の収録では、なんと元巨人軍の監督・原辰徳さんと、元巨人軍投手・川口和久さんペアを迎えてのガチンコ真剣勝負でした。
その結果は、来年のゴルフネットワークでの放送をご覧ください!(笑)

毎年開催されている宮本勝昌プロのコンペにも参加しました。大熱海国際ゴルフクラブで行いました。
そう、その前日には、毎年恒例となりました「チームセリザワ忘年会」がありました。メンバーは芹澤プロ、藤田プロ、宮本プロ、上井プロ、西山ゆかりプロ、芹沢名人、そして我々事務所のスタッフです。
芹沢名人が司会進行をして、プロや裏方のスタッフが今年の反省と来年の抱負を語る行事があるんです。
藤田プロは、「今年はギリギリで日本シリーズに滑り込みましたが、来年はツアー1勝をして、日本シリーズの出場を決めたい!」と言っていました。
自分はそのサポートを全力で頑張ります!!
美味しい料理と、藤田寛之セレクトワインやチームセリザワセレクトワインいただきながら、今年もとても楽しい会になり、上井プロがとてもとても盛り上げてくれました。
今年も、上井プロがとてもとても盛り上げてくれました。
上井プロは、チームセリザワの宴会部長といったところでしょうか!(笑)
そんな上井プロ、「来年は必ずレギュラーツアーに戻ってきます!」と力強く語っていました。
必ず上井プロならやってくれると信じています。

夜遅くまで続いた忘年会の後には、しっかりアセスで歯磨きをしましたよ!!

今年も残すところ後わずかになりました。

藤田プロは、年明け1月19日から始まるSMBCシンガポールオープンに出場します。
それに向けてすでにトレーニングを始めています。
シーズンオフはほとんどないと言っていいかもしれません。

来年も藤田プロへのご声援をどうぞよろしくお願い致します。
今回が、今年最後のブログとなります。

スペシャルとして、藤田プロからメリークリスマスをお届け致します。(写真のことです!写真をご覧ください!)
そして、みなさま、良いお年お迎えください。
また新しい年に、お会いしましょう!

村田


vol.192016.12.13



みなさん、こんにちは。
いつもアセスサイトをご覧いただき、ありがとうございます!

ゴルフ日本シリーズJTカップをもって、2016年のトーナメントが全日程終了しました。
たくさんのご声援、まことにありがとうございました。

シーズン最後の2大会、カシオワールドオープンと日本シリーズJTカップの模様をお伝えしますね。

カシオワールドオープンでは「予選通過」が必須という状況で試合に挑みました。
カシオワールドオープンの前週のダンロップ・フェニックスで6位タイに入り、賞金ランキングを一気に27位に上げましたが、今年目標にしていた「日本シリーズ出場」までは、実は少し安心できない位置であったためです。

初日の天気は良かったものの、途中からコース内に強い風がふきスコアメイクに苦しみました。
初日は+1の50位タイ。カットラインギリギリです。(・_・;
しかし、2日目は、風向きも味方しこの日はノーボギーの-2でラウンドし、予選を-1の29位タイで通過。2日間の決勝ラウンドでは、上を目指すだけです。
3日目は、-2でラウンドし、順位を1つ上げて28位タイとなりました。
さあ最終日だ!しかし、なんと雨でプレーができずに、このままの順位で試合は終わりました。

日本シリーズに行けるか行けないか・・・かなり気になりながら帰りの支度をしていました。
そこに、JGTO(日本ゴルフツアー機構)の方から、「日本シリーズおめでとうございます!入りましたよ。」とご報告をいただきました。
すぐに藤田プロへメールを送りました。今年の年頭の目標であった「日本シリーズ出場」が、最後の最後で決まったんです!
いつも感情はあまり表に出さない自分ですが、この時はテンションが上がりました!!
すごくすごく嬉しかったです!
そしてすぐにキャディーバッグを東京よみうりカントリークラブに配送する手続きをしました。

日本シリーズJTカップの会場には、火曜日の朝にやってきました。練習ラウンドを10時から半分だけ行い、その日は軽めの調整のみでした。
初日と2日目と出遅れましたが、3日目からエンジンがかかってきましたね。6番でイーグルを奪って、最終日には17番でもイーグル!最終成績を14位タイで終えました。

今シーズンの賞金ランキングは29位。

みなさんからの変わらぬ熱い応援、いつも本当にありがとうございます。
みなさんのご声援は、しっかりと藤田プロに届いております。
藤田プロは来年、48歳になりますが、まだまだ衰えを感じさせません。
引き続き、藤田プロをどうぞよろしくお願い申し上げます!


vol.182016.12.01




みなさん、こんにちは!

11月に行われました、三井住友VISA太平洋マスターズ2016とダンロップ・フェニックストーナメントのレポートをお伝えいたしますね。

まずは三井住友VISA太平洋マスターズ2016。いつも通り、火曜日に師匠の芹澤プロ、宮本プロ、上井プロと一緒に練習ラウンドを行いました。藤田プロは、何とか良くしていこうと、師匠のスイングを見たり、アドバイスを入念に伺っていました。
そしてその効果はすぐに現れました。

初日と2日目を60台でラウンドして、予選を9位タイで、決勝ラウンドに進みます。
良い感じである事は間違いありませんでした。一番近くで藤田プロを見ている僕が言うんですから!(笑)

予選を終えた金曜日のゴルフ場からの帰り道に、薬局へ寄りました。そこで「アセス」を発見!藤田プロも店頭で流れているCMを見入っていましたよ!(笑)
食後の歯磨きで、歯茎と気持ちを引き締めて決勝ラウンドへ、いざ出陣!

決勝ラウンドの土曜日も69でラウンドしました。
3日間とも60台でのラウンドも、順位は11位タイと少し後退しましたが、良い感じである事が伝わってきました。
最終日の朝には、大好きな太平洋クラブ御殿場コースのフレンチトーストを食べて、アセスで歯磨きをし、ストレッチをしてから練習場へというルーティーンでコースへ出て行きました。
前半は、パープレーの我慢のゴルフでした。11番でこの日初めてのバーディーをとりました!
その後もパーが続き、17番では痛恨のボギー。しかし、18番では起死回生のイーグルでフィニッシュしました!このイーグルで、この大会8位タイでフィニッシュとなりました。

この試合から、藤田プロのティーショットやセカンドショットで、「ボールの行方を見る見方」がとても良い感じなんです。
これから藤田プロを見る時は、「打った後にフィニッシュで止まっていたらいいショット」だ!と思って見てみてください。この時点で残る試合はあと、2試合です。

そして、ダンロップ・フェニックストーナメント。初日は前半を-5、後半こそ1オーバーとしますがトータル-4の8位タイとまずまずの出だしでした。
お伝えしたように、「ボールの行方を見る見方」も良い感じです!
2日目は雨が降ったり止んだりと天気が良くありません。難しい状況でも、この日-2としました。
3日目も-2でラウンドして最終日は最終組の1つ前の組みになりました。
最終日は我慢のゴルフが続きましたが、結果6位タイでフィニッシュ。賞金ランキングも27位に上げることができ、いよいよ日本シリーズの出場資格圏内に入ったのでした!

藤田プロは、カシオワールドオープンを28位タイで終え、見事、日本シリーズ出場権を獲得しました。日本シリーズでの応援を、どうぞよろしくお願いいたします!


vol.172016.11.15



みなさん、こんにちは!
今回もお読みいただきまして、ありがとうございます。

藤田プロですが、ブリヂストンオープン、マイナビABCチャンピオンシップ、HEIWA・PGMチャンピオンシップと大会が3戦続きました。そのレポートをお伝えいたしますね。

ブリヂストンオープンは18位タイ、マイナビABCチャンピオンシップは50位タイとなかなか藤田プロ本来の調子が戻ってきていませんでした。
しかし、先日のHEIWA・PGMチャンピオンシップでは初日-3でラウンドして、6位タイ発進!2日目に+2とスコアを崩しますが、順位はさほど落ちずに11位タイで決勝ラウンドへ挑みました。11位タイは、まだまだ優勝の可能性は十分ある位置です。
予選ラウンドが終わり藤田プロとお昼を食べている時、藤田プロから「久しぶりにカットライン(予選落ち)を気にしないでプレーができた。」とホッとした一言が出ました。プロゴルファーは予選を通らないと賞金が0円なので予選通過は、最低限のラインとも言えるでしょう。
藤田プロがプロデビューした時は、ずっと予選通過をすることができない時期があったそうです。お金を借りて試合に出て、それでも予選落ち……。今の藤田プロからは想像できないですよね。
そんな時代に、藤田プロは芹澤プロと出会いました。「今度、練習ラウンドを一緒にお願いできないでしょうか?」と勇気を振りしぼってお願いしたところ、「今から行くから、来いよ!」と、とても気さくにお返事をいただいたのをきっかけに、芹澤プロとツアーを同行させていただいたようです。そして今の藤田プロがあります。この話はもう有名ですよね!
実は、そんな若手の頃に初優勝を飾ったのが、今回の舞台・総武カントリークラブ総武コースでした。藤田プロは、全盛期のジャンボ尾崎プロと競り合って、初優勝を飾ったんです。
昨年のこの大会も6位タイに入るなど、相性もとても良いんです!結果は、最終日に66でラウンドをして良い形でフィニッシュできました。

ここからの藤田プロの底力に期待してください!引き続き、たくさんの応援をどうぞよろしくお願いいたします!


vol.162016.10.28


みなさん、こんにちは!村田です。
今回は、国内メジャー大会「日本オープン」のレポートをお送り致します。

今年の日本オープンも、多くの有名選手が参戦したため、ギャラリーの動員数がとても多くて盛り上がりました!

水曜日の練習日から藤田プロも、多くのギャラリーを引き連れて予選をラウンドしました。

大会が開催された「狭山ゴルフ・クラブ」は、台風の影響でラフが予定よりも長くなった上に、さらに捻ってあって凄く難しいセッティングになっていました。

練習ラウンドは、宮本プロと今平プロ、松村プロと行いました。パワーのある宮本プロでさえ、ラフに入れてしまうと50〜60ヤード出すだけ。もはやラフもハザードになってしまっていました。(・_・;
さらにグリーンもとても速くてすごくキレイなコンディションで、狭山ゴルフ・クラブは今年一番の高速グリーンだったと思います。
アンジュレーションに加えて13.5フィートと、おそらくみなさんが普段プレーしているスピードの倍くらい転がるかな?!と思います。

藤田プロは初日と2日目、なんとか予選を通過し決勝ラウンドへ駒を進めました。 土曜日は、-1でラウンドして、一気に順位が上がりましたよ。
最終日もイーブンパーでまとめて14位タイで終えました。
お気づきかと思いますが、状態は上向きです!今後の大会にさらに期待していてください!

ゴルフ以外のお話も少し。先週は地元で有名な焼鳥屋さんに何回か行きました。その後はもちろんアセスで歯磨きです!美味しいものを美味しく食べるには、大事ですよね、歯磨き!

寒暖差の激しい季節になってきましたね。みなさん、どうぞ体調崩さぬようご自愛ください。次の更新も、ぜひお楽しみに!村田でした。


vol.152016.10.18



みなさん、こんにちは!
今回は、トップ杯東海クラシックとHONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 2016のレポートをお届けしますよ!

まずはトップ杯東海クラシックからのレポートです。
良い成績を残せていない今シーズン。復調のきっかけはやはり“師匠”である芹澤プロのスイングチェックでした。
初日に、-1でラウンドを終えてから練習場へ直行しました。さっそく師匠も練習場へ駆けつけてくださり、解説の合間をぬって藤田プロのスイングチェックをしていただきました。
芹澤プロも解説で疲れて少しくらい休憩したいはずなのに、本当に素晴らしい方です。
僕はその様子を携帯電話のカメラで撮影しました。藤田プロが、師匠がいない時でも見直せるように撮影をしておいて欲しい!という要望からです。
実は、昨年、師匠にアドバイスをいただいた時も携帯電話のカメラで撮影をして、それをシーズン中にずっと観ていたようです。試合のスタート10分前などギリギリになっても観る時があるそうです。
そして・・・その効果はすぐに現れました!予選をギリギリで通過して、土曜日は-5、日曜日は-4でした!2日間続けて60台でまわったのです。
HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 2016へのいいステップになりました。

HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 2016では、初日-3とまずまずの出だし。
2日目に、予選通過ギリギリのイーブンパーまでスコアを崩してしまいましたが、なんとか予選を通過することが出来て本当に良かったです。
3日目には、-4を出して17位タイまで一気に順位を上げました。最終日も-2でスコアを伸ばしました。結果、順位は20位タイ。
先週から少しずつではありますが調子は上向きだと思います。一番間近にいる僕がそう思うのですから!!

次回は、その日本オープンのレポートをお送りしたいと思っています。
お楽しみに〜〜!村田でした。


vol.142016.10.03



みなさん、こんにちは!藤田寛之プロのマネージャー村田です。

先週は、師匠である芹澤プロがテレビ解説を務めた、トップ杯東海クラシックが行われました。
ここだけの話ですよ。藤田プロは、師匠にスイングチェックをしていただいた翌日は、ビッグスコアが出ることがよくあるんです。本当にちょっとした事で変わるんです!僕には師匠の言葉が、魔法の言葉として聞こえます。

今後も、解説のお仕事で大変多忙が予想されますが、合間を縫って師匠にはぜひスイングチェックをお願いして、藤田プロの復調のきっかけとなって欲しいと願っています。

そうそう、みなさん、お気づきになりましたでしょうか?藤田プロのキャディーバッグが来年モデルに変わりました。いかがでしょうか?

さて、先日出場した「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ2016」の模様をお伝えいたしますね。
大会の舞台は大阪でした。茨木カンツリー倶楽部は、2013のアジアパシフィックパナソニックオープンの会場でしたね。
今大会は、そんなに大きなコース改造は見当たりませんでした。水曜日の練習ラウンドで入念にコースチェックをして、翌日の本番に挑みました。
藤田プロ、初日は3オーバーと出遅れてしまいました。
2日目はアンダーパーでのラウンドが必須となり、だいぶ苦しい展開でした。
1番をパーでスタートし、2番でバーディーを奪います。しかし、まだまだバーディーを取らなければ3日目を迎えることは出来ないという状況が続きます。その後にもバーディーを一つ奪って前半を-1でターン。この時点でカットラインは1オーバー。あと一つ!あと一つ、どうしてもバーディーが欲しいところです!
結果、後半にボギーが先行してしまい、予選通過なりませんでした。

今週は、HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLFがあります。引き続き、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m


vol.132016.09.26



みなさん、こんにちは!プロゴルファー藤田寛之のマネージャーの村田です!
約3週間ぶりの更新になりますね。今回もお読みいただき、ありがとうございます。

今回はフジサンケイクラシックとANAオープンについてのレポートをお届けいたします!
まずはフジサンケイクラシックにつきまして、藤田プロは予選を通過し、最終成績は40位タイで大会を終えました。
富士桜カントリー倶楽部といえば、距離の長いコースという特徴があります。それに加えて今年は、練習日に降った雨の影響でゆるくなった芝生の上はボールがほとんど転がらず、藤田プロも含めて多くの選手がとても苦しんでいました。
選手全体の平均スコアが1ラウンドでだいたい2〜3オーバーと、大変難易度が高い印象を受けました。

心配されています藤田プロの身体は、どこも痛いところはなく万全の状態です!フジサンケイが終わってから、そのまま山中湖に残ってことし最後の夏のトレーニング合宿を行うほど藤田プロは元気ですから!(笑)

現在、藤田プロの賞金ランキングは33位ですが、秋には高額賞金かかったトーナメントが続きますのでまだまだこれからです。期待していてくださいね。

そして、ANAオープンは、予選を通過し、3日目はイーブンパー。
最終日は-2と、スコアを2つ伸ばしてフィニッシュしました。冷たい雨が降り、条件は決して良くなかったのですが、アンダーパーでのフィニッシュは次の試合に繋がりますね!(^0^)

ことし最後の北海道では、ヤマハスタッフを含めた「藤田会」を開いて、美味し〜〜いカニをいただきました。来年まで北海道に来られないと思うと寂しい気持ちになります。(^^;)え!?プライベートで?そうですね!
もちろんその後は、アセスで歯磨きをしましたよ!もうこのセリフはお決まりですね!


vol.122016.08.30



みなさん、こんにちは!
プロゴルファー藤田寛之のマネージャー村田です。

今回は、夏のトレーニング合宿と、ワイナリー訪問、ファンケルクラシック解説、KBCオーガスタでのレポートと、満載でお届け致します!

まずは夏のトレーニング合宿から。今回は、標高1000メートルくらいにある涼しい山中湖周辺で行いました。
テニスラケットを使ったトレーニングを中心に、様々なトレーニングで体に刺激を入れました。夏の暑い時期は、涼しい高原で行くにつきますね!
また、藤田プロの提案で、みんなでBBQをしました!お肉や魚介類をみんなで楽しく美味しくいただきました。今回のBBQを提案してくれた藤田プロ、本当にありがとうございました!m(_ _)m
トレーニングをしてから、ハーフラウンド・・・充実した合宿でした。もちろん、アセスを持って行きましたよ。

合宿後に、山梨のワイナリーに行ってきました。小学生の時の社会見学を思い出す様な感じで、僕もテンションが上がってしまいました!笑
ブドウ農園では、ワインの元になるブドウを試食したり、ワイン作りのお話を聞かせていただいたり、貴重な体験をさせていただきました。
僕もワインを“少し”いただき、美味しくて昼間から“少し”酔ってしまいました。すみません。m(_ _)m 藤田プロですか?ご想像にお任せいたします。

ファンケルクラシックでは、「解説」を担当させていただきました。“解説者:藤田寛之”は、いかがだったでしょうか。
「あと3年後には喋る方じゃなくて、ここでプレーしてるのかな?」と、藤田プロは口にしていましたが、もうそんな歳になるんですね?!
全く年齢を感じさせないところは、本当に凄いですよね!僕と藤田プロは歳が一回り違いますが、いつまでも若々しくいられる藤田プロはみなさんにとっても、僕にとっても永遠の憧れですよね!

その翌週は、KBCオーガスタに出場しました。一昨年、涙の地元初優勝をした思い出深い大会です。藤田プロの地元ということで、地元のファンもやはり多かったです。

練習日から猛暑日が続き、普段サンバイザーの藤田プロも、さすがに帽子をかぶって暑さ対策をしたほどです。また、疲労回復のための栄養ドリンクをハーフターンとラウンド後に飲むなどして集中力を切らすことなく初日は-2でのラウンドでした。
2日目は午後から予想しなかった強風が吹き荒れましたが、我慢のゴルフでなんとか予選通過しました。
最終日は雷と豪雨で一時サスペンデットになるなど、本当にゴルフは「自然との戦い」だという事を改めて感じた一週間でした。

次は藤田プロもプライベートで訪れることが多い富士桜カントリークラブが舞台の、フジサンケイクラシックです。
お近くの方は、ぜひとも応援にいらしてください。^ ^
そして僕を見かけたら、ぜひ声をかけてください。アセスの話をしましょう!あ、もちろん藤田プロのお話もです。
お会いできることを楽しみにしております!


vol.112016.08.22




みなさん、こんにちは!今回も僕のレポートをお読み頂き、ありがとうございます!

「ネスレインビテーショナル日本プロゴルフマッチプレー選手権レクサス杯」が終わり、レギュラーツアーは2週間のお休みでした。その間、藤田プロは御殿場での2日間のトレーニング合宿を終えて、自身が校長を務める「ヤマハジュニアゴルフスクール」のジュニアキャンプや「札幌オープン」に参戦するなど多忙な日々を過ごしました。
ヤマハゴルフスクールジュニアキャンプは、小学生から高校生が対象です。今年も元気なジュニアゴルファーがたくさん参加してくれました。
キャンプは3日間。静岡の嬬恋で宿泊しながら、最終日には藤田校長先生とラウンドできるという特典もあったりして、ジュニアゴルファーにとっては夏の一大イベントです。僕も子どもだったらぜひ参加したかったです・・・。
最終日のラウンド後は、みんなで美味しくて人気の名物・葛城カレーを食べて、アセスで歯磨き!僕もカレーをちゃっかりいただいちゃいました。^^;

今回のジュニアキャンプのテーマは、「心配り」というものでした。自分もいろいろと気付かされるテーマでした。元気な子どもたちの笑顔は清々しく、なにか大人の我々がパワーを貰った気になります。そんなステキな笑顔を毎年楽しみにしています。

そして、次は札幌オープンのレポートです。
ことしもチーム・セリザワで参戦し、師匠の芹澤プロと上井プロと練習ラウンドを行いました。藤田プロの予選は、-4の5位タイ!決勝は最終組の2つ前の組でスタート。各組が風や硬くなったグリーンでスコアを崩す中、藤田プロはイーブンで折り返します。この時点でトップとは3ストローク差。折り返しの10番、13番でバーディーを奪ってトップと1打差となり、興奮しました!その後はパーが続き、最終ホールのロングホールで2オンに成功!イーグルこそなりませんでしたが、バーディーフィニッシュとしてトータル-7の2位タイで後続の組を待ちました。しかし、トーナメントリーダーの香妻プロが、-8からスコアを落とすことなく逃げ切って優勝しました。
今回の優勝争いで藤田プロは良い感触を掴んでるはずです。みなさんも、今から次を楽しみにして下さっているかと思います。僕もです!(^_^)

暑い日が続いております。みなさん、どうぞご自愛くださいね。そうそう、僕なりの暑さ対策?を一つお伝えします。暑い日こそアセスで歯ぐき磨きです!ミント味なので気分がすっきりして、口元から涼しくなりますよ!
次回は、KBCオーガスタのレポートでお会いしましょう。


vol.102016.08.03



みなさん、こんにちは!
藤田寛之プロのマネージャーの村田です。

先週は優勝賞金がなんと「1億円」の「ネスレインビテーショナル日本プロゴルフマッチプレー選手権レクサス杯」に出場しました。藤田プロは火曜日の夜に現地・北海道に入り、水曜日は練習ラウンドの予定でしたが、台風のような雨と風で残念ながら断念せざるを得ませんでした。ということで、突然のオフになったこの日は気分転換も兼ねてウィンドーショッピングに行ってきましたよ。

今回の北海道は、雨がよく降っていました。そんな中でも、ヘッドカバーのサトちゃんは、いつもと変わらずしっかりと応援を送ってくれましたよ。ちなみに、サトちゃんとアセスはいつも一緒に僕たちと帯同してくれています。

木曜日にプロアマに参加して、いよいよ金曜日から、プレマッチ第1回戦が始まりました。1回戦の相手は、小林伸太郎プロ!藤田プロは序盤からバーディーを奪い、4ホールを残しての勝利でした!昨年はこの1回戦で敗退しているだけに、なんとか1回戦は突破したい!と思ってのプレーでした。

そして翌日に2回戦。2回戦の相手は、先々週のダンロップ・スリクソン福島オープンで見事ツアー初優勝を果たした時松隆光プロです。出だしの1番で、時松プロがバーディー奪って1アップされますが、2番で藤田プロもすぐに取り戻して、オールスクエアにする熱戦。そのあとの3番は藤田プロが取って1アップにしますが、次の4番は時松プロが取って、またまたオールスクエア!マッチプレーは本当に油断もできないですし、目が離せません!
5番からは両者譲らずの展開でしたが、9番で時松プロがバーディーを奪い一歩リードに。後半、藤田プロがなかなかペースをつかめずに、17番で決着がつきました。時松プロは、ショットは曲がらずに真っすぐに飛びますし、パターも入る入る・・・。まさにノリノリなゴルフで、敵ながらあっぱれでした。
時松プロはその後、谷口徹プロにも勝って、「あいつはなかなかしぶといゴルフするな〜。こっちが入れたら、入れ返してくんねん!しぶといわ〜。」と、あの谷口プロに言わせるほどですから、本当に凄いですね。
実は、藤田プロに勝ったんだから、優勝しないと怒るぞー!と思っていた僕は、決勝では、時松プロを応援していました!笑
時松隆光プロVS小田龍一プロの決勝は、時松プロが一時、5アップまでしましたが、それをオールスクエアまで戻す小田龍一プロの気迫は、圧巻でした!結果は僕の応援の甲斐もあって、見事、時松プロが初出場初優勝をしました!日本の賞金王を次々に倒しての優勝です。笑顔でいっぱいでした。最後のパーパットは、どれだけ痺れたか計り知れません。

藤田プロに聞いた事があります。「その痺れるほどのパットを打てる事が、プロゴルファーをやっていて、本当に良かったと感じる瞬間」なんだそうです。普通はそんなパターは打ちたくないと考えてしまいますよね。そういう場所や状況に、自分を置けるという幸せなんでしょうね。さすが、藤田プロ!カッコイイです!^^そして、そんな痺れたパットを残りの後半戦で、藤田プロにも打って欲しいと心から思いました。

みなさん、暑い日が続いています。どうぞご自愛ください。
引き続き、藤田プロへの熱い応援も、どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m


vol.92016.07.26



みなさん、こんにちは!
プロゴルファー藤田寛之のマネージャーの村田です。

暑い夏がやってきましたね。
今回は北陸オープン、ダンロップ・スリクソン福島オープンでのレポートをお届けいたします。

「北陸オープン」とは、毎年参加している地方オープン大会です。レギュラーツアーではないものの、シード選手が数多く参加して、とても盛り上がる地方オープンのひとつなんです。予選と決勝の2日間で競技をします。藤田プロは、練習ラウンドを芹澤プロと同じ組で行い、今回も貴重なアドバイスをいただいていました。サトちゃんヘッドカバーの応援もあって、予選ラウンドを18位タイで通過し、決勝では順位を上げて10位タイでフィニッシュしました。久しぶりのトップ10でのフィニッシュはやっぱり気持ちが良いです!北陸オープンが終わり、ソフトクリームが好きな僕たちは途中で、寄り道をして帰宅しました。もちろん食べたあとは、「アセス」で歯磨き。

そしてダンロップ・スリクソン福島オープンは、予選の2日間は冷たい霧雨と柔らかいフェアウェイで、例年よりコースが長く感じられる状況でした。そんな初日の藤田プロは、15番のセカンドが直接入るなど1イーグル4バーディーという素晴らしい滑り出しでした。2日目には順位を落とすものの3日目には「-9」と今季ベストスコアを出しました!この日の藤田プロは、ショットはピンに寄り、パターは打てば全て入るという「完璧なゴルフ」でした。これでもトップとの差はまだ7打差・・・。2日目が少し悔やまれますが望みは最終日に繋がりました。残念ながら最終日はスコアを2つ落としてのフィニッシュでしたが、最終ホールをバーディーで締めくくり、この大会は、今季ベストのゴルフだったのではないかと僕なりに感じています。

福島オープンは、ギャラリーの方々の声援が本当に多く、あたたかみを感じます。「入れーー!!」や「ナイスバーディー!!」など、沢山の声がとても大会を盛り上げていました。雰囲気の良い試合で、まるでアメリカに来てプレーをしているような気分になりました!(笑)

みなさん、どうぞ恥ずかしがらずに、どんどん選手に声援を送ってください!選手は試合に集中して、少しだけカッコつけていますが、その声援は、必ず届いていて、こたえてくれるはずです。選手も、いち人間ですから、嬉しいんですよ。(^ ^)藤田プロは、satoちゃんのヘッドカバーが目印です。あ、僕にももちろん声をかけてくださっても構いませんよ!お待ちしております。(笑)
これからも、選手とギャラリーのみなさんで盛り上がりのある福島オープンの様な大会が、もっともっと増えるといいなと思います。

さて、今週はネスレ日本マッチプレーです。優勝賞金はなんと!!!!!100,000,000円です(≧∇≦)いちじゅーひゃく……とゼロを数えると、その額なんと、1億円!!!師匠の芹澤プロもまだレギュラーツアーを戦っていた頃の日本マッチプレーを勝っているんです。今週のネスレ日本マッチプレーもどうか応援のほど、どうぞよろしくお願い致します!
次回はネスレ日本マッチプレー明けに更新しますね。


vol.82016.07.14



みなさん、こんにちは!
プロゴルファー藤田寛之のマネージャー、村田です。

今回は先々週のセガサミーカップ、日本プロゴルフ選手権に出場すべく、今年初の北海道へやってきたことをレポートします!試合が2週間続くため、長い期間の滞在となりしました。

北海道といえば!やっぱり「食事」が楽しみですね!海鮮系、ジンギスカン、スープカレー、札幌ラーメンなどなど想像しただけでお腹がぐーっと鳴ってきます。(*^^*) 初日の夕食からスープカレー、2日目に海鮮炉端焼きと、北海道を満喫。ゴルフ場でも札幌ラーメンや豚丼をいただきました。すみません、つい話しが食べ物の方にそれてしまいました。

さて、セガサミーカップでの藤田プロの成績は39位タイでした。藤田プロは、試合の成績を「最低でも30位以内」、「合格点は20位以内」という目標を掲げています。そこからすると39位タイは、絶対に納得がいっていないはずです。しかし、最終日は-4でラウンドし、順位を上げてのフィニッシュ。最終日にスコアが伸びると、嬉しいです。

そして、先週は国内メジャー第2戦目!舞台は、あのジャック・ニクラウス氏が設計の難易度のとても高い「北海道クラシック」です。コースについて少しご説明しますね。

レートは、チャンピオンティから74.8。フェアウェイはさほど狭くないものの、ティーショットで打ってはいけないサイドがあって、プレッシャーを感じます。バンカーの数も多いです。グリーンのスピードはそんなに速く感じられませんが、まるで「ポテトチップスの様なグリーン」のため、点で狙っていくショットの精度を要求されます。もしグリーンを外しても、アプローチで寄せてパーをセーブすることも困難なんです。実際にアンダーパーでラウンドしているほとんどの選手らも、ボギーを打っていました。それ以上にバーディーを取らなければ好スコアは出せない!そんなコースです。

初日の藤田プロは、思った様なプレーができずに+2でした。2日目の朝も不安を抱えながらスタートして行って、ハーフを+1でターン。11番を終えた時にはトータル+4まで行っていました。カットラインがなんとなく+2くらいかなと感じていたので、どうしてもあと2つスコアを伸ばさなくてはなりません。16番を終えてもスコアは変わらず・・・。実は正直僕は、半分諦めかけていましたが、その17番のショートホール。ティーショットがグリーンをとらえ、6〜7メートルくらいのバーディーパット。これをカップのど真ん中から入れたんです!

最終ホールに望みがつながりました。そしてティーショットはフェアウェイ真ん中に、ナイスショット!フォローの風が吹く中でのセカンドショットは、グリーンエッジから近くに切られてなかなかピンそばに止めにくい状況ですが、低く抑えられたショットはワンバウンドしてピンを2.5メートルほどオーバーしてピタリと止まるナイスショット!そして、藤田プロも震えたと言う下り少しスライスのバーディーパットを・・・カップに少し引っかかる様にして入ったんです!

そしてやってきましたムービングサタデー!この日は曇っていた予選2日間に比べて天気が素晴らしい晴れ空に変わりました。出だしの1番2番で連続バーディー!8番ではイーグルを奪うなどして前半だけで4つスコアを伸ばし、後半も失速する事なくこの日、トータルなんと「-7」でラウンドしました。順位も48位タイから35人抜きの13位タイまで上げて最終日を迎えます。最終日は、雷の影響で2度の中断もあり8:30にスタートしたものの、ホールアウトは16:15と長時間におよぶラウンドでした。スコアはこの日イーブンパーでしたので、トータル-5と変わらず、順位は20位タイでのフィニッシュとなりました。

10月に開催される日本オープンの日まであと少し、賞金ランキングを上げたいところです。今週は地方でのオープン大会やトレーニング合宿があり、その翌週に、ダンロップ福島オープンがあります。またレポートしますね。


vol.72016.07.01


プロゴルファー藤田寛之のマネージャーの村田です。

試合がない間、さまざまなイベントにも参加しました。その一つに、藤田プロが使用しているギアー・YAMAHA主催のイベントにも参加しました。多くのYAMAHAのクラブユーザーの方々と触れあいました。おなじみの谷口徹プロとの戦いにことしも勝って、なんとこのイベント3連覇!谷口プロの心から悔しがる表情を見る事ができました。(笑)

藤田プロも本当に心から3連覇を喜んでいましたが、何よりも僕が言いたいこと、それはプロはいつどこでも何時でも負ける事が嫌いで、やっぱり勝つ事にこだわる人なんだなと、つくづく感じました。

さて、この時期の一大イベントと言えば?!そうです!藤田プロの誕生日です。ことし、47回目の誕生日を迎えられました。^ ^ 47歳になった藤田プロ・・・。本当に年齢を感じさせませんよね。一体、どこからあの若さあふれるエネルギーが湧いてくるのでしょうか。いつも隣にいる僕ですら、不思議でなりません。

長くツアーで戦えるカラダづくりをと、トレーニングで歯を食いしばりながら汗を流す姿を目の当たりにすると、本当に脱帽の一言しかありません。もちろん、アセスも藤田プロのコンディション調整に一躍買っているかと思います!

ISPSハンダグローバルカップ2016は、先日のレポートであげた課題であります「最終日のスコア」ですが・・・「-4」のナイスプレーでしたね。(*^^*) 徐々にイイ感じになってきていると思います。大会の開催地・金沢で、美味しい「のど黒」を頂きましたので、その時の写真をアップします。

これから2週間、北海道で長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップと日本プロゴルフ選手権大会と続きます。日本プロが行われる「北海道クラシックゴルフクラブ」は、藤田プロが国内で大好きなコースの一つです。僕のレポートも、日本プロの後に更新致します。会場にお越しになる方はどうぞお気をつけてお越しください。テレビ観戦の方は・・・テレビにかじりついて、応援してくださいね!またお会いしましょう〜(^_^*)


vol.62016.06.27

みなさん、こんにちは!
プロゴルファー藤田寛之のマネージャーの村田です。

日本ゴルフツアー選手権から約3週間ぶりの更新となります。今回もお読みいただき、ありがとうございます。みなさん、お変わりございませんか?ここ2週間試合のない藤田プロは、トレーニング合宿、イベント出演、全米オープンのゲスト解説などで忙しい日々を送りました。

まず、トレーニング合宿の内容をレポートします。今回は地元周辺でテニスラケットを使ったり、メディシンボール(重いトレーニング用のボール)を使ったトレーニング、走ったり跳ねたりと、なんだか学生の陸上部がやりそうなトレーニングに汗を流しました。

ちょっとだけ僕もトレーニングに参加させていただきましたが、予想通り次の日は筋肉痛に・・・。(ー ー;) やっている時はとてもキツくてついていけない・・・なんて事はないんですが、やっぱり筋肉痛になるのは、不思議ですね。(・・;)

このトレーニング合宿には、地元の若いプロやジュニアゴルファーも参加しています。藤田プロのノウハウや動き方などを、スポンジの様に吸収しようと一生懸命取り組んでいました。実はこの光景を見るのが僕は好きなんです。

そして・・・合宿後になんとこのトレーニング合宿に参加していたジュニアゴルファーから、「試合で優勝」という朗報が届いたのです!藤田プロはもちろんのこと、トレーニング仲間みんなで喜びあいました。^ ^ 一緒にトレーニング合宿や練習をしている選手の朗報を聞くと、自分の事のように嬉しく思いますよね。

藤田プロは、ヤマハジュニアスクールの校長先生も担っているのですが、自分がトーナメントで苦しみながらも結果を出してきた方法や考え方を、次の世代へ伝えていくことの使命感や喜びといったことを最近、さらに強く感じているそうです。そして僕はそのサポートをさせていただくことで、いろんなことを吸収させてもらっています。


vol.52016.06.07


前回に引き続き、「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の2日目のレポートです。
天気は雲ひとつない快晴の中でのスタートでした。1番、2番でバーディを奪い流れに乗りたいところでしたが、その後にボギーを叩くなどし、さらに上がりの18番で痛恨のダブルボギー・・・。結局その日は+2でラウンドし、11位タイに順位を落としました。しかし、ことしの宍戸の難易度がかなり高かったため、ひとつのホールで順位が激しく入れ替わる状況でした。この時点でも、まだまだ優勝圏内と言える位置でした。3日目も、-1でラウンドし、ここで順位を一気に上げ4位タイに。最終日は最終組のひとつ前でスタートを切りました。むかえた最終日は、苦しい展開を強いられました。出だしでダブルボギー・・・。本当に痛かったです。2番、3番の連続バーディーですぐに取り戻しましたが、ボギーが先行する形となりました。結果、トータル+6の17位タイでフィニッシュしました。ことしのこれまでのレギュラーツアーの最終日のスコアの平均ストロークを見てみますと、72.20の63位タイ・・・。ここが「課題」なのでしょう。もちろん藤田プロも「最終日のスコアが悪過ぎる。」と言っています。

日本ゴルフツアー選手権はここ5年間、ツアー初優勝の選手が勝っています。ことしも塚田陽亮プロの初優勝で幕を閉じ、これで6年連続となりましたね。塚田プロ、まことにおめでとうございます。

さて、今週から男子レギュラーツアーは2週間のオープンウィーク(試合がない週のことをそう呼びます)となります。試合がないときの藤田プロの予定は・・・もちろんトレーニングです。トレーニングのための合宿です。そして、この練習でさきほどお話しをした「課題」をクリアしてくれると信じています。プロゴルファーに休みはありません・・・。(・_・;

次のぼくのこのレポートの更新も、2週間後の「ISPSハンダグローバルカップ」後となります。
トレーニング合宿や練習などの事を、書きますね!どうぞお楽しみに〜〜!(*^^*)


vol.42016.06.06


みなさま、こんにちは!
プロゴルファー・藤田寛之のマネージャーの村田です。

先々週の全米オープン最終予選とミズノオープンでは、みなさんからの多大な応援を頂き、まことにありがとうございました。
ことしは残念ながら世界4大メジャーへの切符を手にする事はできませんでしたが、藤田プロがさらに活躍出来る様、これからもサポート頑張って参ります。
引き続き藤田寛之の応援を、どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

先週は、今年の国内メジャー初戦「日本ゴルフツアー選手権」でしたね。
これぞメジャー!というコースセッティングに各選手らがとても苦戦している印象を受けました。
グリーンは固い、フェアウェイは狭い、ラフはくるぶしまでかかるほど伸びている・・・。かなり難しい状況でした。
それに加え初日は強風が吹く始末・・・。考えただけでもゾッとしますね。
そんな中、初日の藤田プロは、上がり3ホールでバーディを2つ奪うなどして、-1の5位タイ!とってもナイスプレーでした!

実は火曜日の練習ラウンドに、師匠の芹澤信雄プロに帯同して頂いていたんです。 やはり師匠の存在は偉大ですね!
練習ラウンドの様子は、写真をご覧ください!
ご存知でしたか?このレポート用の写真のほとんどは、僕が撮影しているんですよ。
今後も楽しみにしていてくださいね (*^^*)


vol.32016.05.27



こんにちは!
プロゴルファー・藤田寛之のマネージャーの村田です。

ますますゴルフシーズン到来といった良い季節になりましたが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?ことしの男子レギュラーツアーも「関西オープン」が終わりました。ここまで6戦を終えたことになります。藤田プロは現在、賞金ランキング30位。関西オープンは、3週間ぶりのレギュラーツアーということで、ギャラリー数もかなり多くて、とても盛り上がりました!藤田プロ、2日目は6番のセカンドが直接入ってイーグルをとったり、3日目は、どんなに長いパーパット残しても不思議なほど入ってパーをとるなどして、最終日は、最終組のひとつ前でスタートして行きました。最終的に8位タイでフィニッシュとはなりましたが、今週の「〜全英への道〜ミズノオープン」へ、良い弾みとなったに違いありません!そして、今週26日からスタートしたミズノオープンでは、「4位」まで入ると世界4大メジャーの全英オープンの出場権が与えられます。ことしは、スコットランドのロイヤル・トゥルーンが舞台。スコットランドは、一日の中に四季があると言われるほど、どんどん天気が変わります。昨年の全英・セントアンドリュース(ゴルフの聖地とも言われる場所)も、雨や風で中断や中止になる事がありました。藤田プロは、あと一歩のところで予選通過できず、とても悔しい想いをしました。もう一度全英オープンの切符を手にし、昨年のリベンジをして欲しいものです。藤田プロにはもう一度、もう一度あの舞台に立って欲しいんです!やはりそこには、みなさんからの熱い熱い声援が必要です。今週もどうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

さて、話しは少し変わりますが、今週の会場は広島です。みなさんがおそらく一番気になるであろう(笑)藤田プロのトーナメント中の食生活について、少しお話ししたいと思います。みなさんもご存知の通り、プロゴルファーは、北は北海道、南は九州(2017年は沖縄)まで日本全国を転戦して行くため、外食続きです。福岡の水炊き、ネギしゃぶ、北海道だったら海鮮系、ジンギスカン・・・言い出したらきりがありません。もちろん栄養の偏りや食事のバランスなどに、配慮・注意・意識は欠かせません。お酒ですか?九州出身の藤田プロですが、2〜3杯程度で終わりです。え、僕ですか?そうなんです!!実は…そんなに強くないんです!意外・・・ですよね???(笑)藤田プロの好きな食べ物は、和食や定食屋さんなので、もし地元でオススメのお店がありましたら、ぜひとも教えていただきたいです!

食事といえば、食事の後はみなさん、何をしますか?もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ここは「佐藤製薬アセスのオフィシャルウェブサイト」です!そうですよね!歯磨きですよね!(≧∇≦)食後には、藤田プロがCM出演しています医薬品の歯磨き粉「アセス」ですよね!「歯周病の諸症状に、決め手は効き目!」のフレーズでお馴染みですよね。もちろん私も使っています。このアセスには、2種類の味があり、私は「ミント味のアセスL」が好きで毎日使っています。アセスで歯磨きをした後は、本当に歯ぐきの引き締まりを感じますし、とてもスッキリします。みなさんもぜひ、お試しください。本当にオススメなんです!

次回の更新は、「日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ Shishido Hills」明けを予定しております。楽しみにしていてください!
村田でした!


vol.22016.05.06


みなさん、こんにちは!
藤田プロのマネージャーの村田です。
今回もご覧いただき、ありがとうございます。

とてもゴルフがしたくなる季節になりましたね!
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
実は、僕も元々はゴルファーだったんです。
この時期は僕も、クラブを握りたくなるんです!

さて、「パナソニックオープン」では、残念ながら予選落ち。
ショットに悩んでいましたが、「中日クラウンズ」の練習ラウンドを、チーム・芹澤のリーダーである芹澤信雄プロと一緒に行い、アドバイスを受けました。ここが、チーム・芹澤の良いところです。

「中日クラウンズ」では、2日目に強風が吹いて、さらに難易度を増す「和合」に苦戦しながらも、予選を通過しました。
最終日は、1番、2番でバーディ発進!前半だけで5個のバーディを取って流れに乗りたいところでしたが、後半はそうはさせてくれないのが和合というコースなんでしょうか・・・。
最終的にはイーブンパーの12位タイで大会を終えました。
ラウンド後に、「なんでこんなに下手なんだろう・・・」と、ストイックな藤田プロならではの愚痴がこぼれましたが、
それが「少しでも上手くなりたい!」というモチベーションになっているんでしょうね!このようにいつもストイックに打ち込む藤田プロが、僕は大好きで尊敬しています。

今週は、「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」
に出場します。3回目の出場となります。著名人と一緒に
プレーする楽しいプロアマ形式の試合です。レギュラーツアーでは見られないプロの表情をぜひご覧になれるチャンスです?!ゴルフ場でサトちゃん(ヘッドカバー)と一緒に、みなさんのご来場をお待ち申し上げております。m(_ _)m

===2016年シーズン、藤田プロが掲げる目標は2つあります。「優勝」と「ランキング20位以内」です。
この目標を藤田プロが達成できるよう、一戦一戦、大切にサポートしていきます!


vol.12016.04.26


はじめに、このたび平成28年熊本地震の影響により
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

いよいよ国内ツアーが開幕しましたね。
初日からコース内に強風が吹いて最終日には雨でスタートが
90分も遅れ、天候に悩まされる試合となりました。
そんな中、藤田プロは予選ラウンドを19位タイ
(イーブンパー)で通過し、決勝ラウンドではスコアを伸ばし
15位タイ(−3)に、順位を上げました。

予選ラウンドでは、永野竜太郎プロ、重永亜斗夢プロと
ラウンドし、両プロは熊本県出身です。
永野プロは単独3位、重永プロは4位タイで大会を終え、
震災のあった地元熊本に勇気をあたえたと思います。

土日のプレー終了後に、プロたちがチャリティーサイン会を
行いました。もちろん藤田プロも参加しました。
今できる事から、コツコツやっています。
会場に足をお運びの際は、ぜひともご協力のほど、
宜しくお願い致しますm(_ _)m

2016年シーズン、藤田プロが掲げる目標は2つあります。
「優勝」と「ランキング20位以内」です。
この目標を藤田プロが達成できるよう、
一戦一戦、大切にサポートしていきます!


Page top