ラタニア(Rhatany)

ラタニア

南米原産のラタニアの根から抽出したもので、古来よりペルーで歯の防腐剤や含嗽剤として使用された収れん剤です。ラタニアは腸内細菌のグラム陰性通性嫌気性菌に対してほとんど抗菌活性を示さず、口腔内病原菌に対して広い抗菌スペクトルを示します。この殺菌作用はDNAやRNAなど遺伝子に関する合成阻害ではなく、細胞壁合成阻害であることから、人間の細胞にとって安全な作用機序をもつ優れた成分であることが認められています。

【主成分】タンニン10 〜 20%、ラタニン
【作用】収れん作用、抗菌作用、防腐作用、止血作用、抗炎症作用